Home > ゼノスタークラウン

ゼノスタークラウン

ゼノスタークラウン 院長 講師情報

2014年9月7日、ゼノスタークラウン:最新のCADCAMによる補綴(かぶせ)や詰め物の講師を院長がすることになりました。

当院での作製を任せている京都の技工士の藤松さんと一緒に講演します。
充実した内容になる予定ですので是非ご参加ください。

※画像をClickするとプリントアウトできます。downwardrightdownwardrightdownwardright

               
このような症状で悩んでいませんか?
  • 安価で白いクラウン(かぶせもの)を入れたい
  • お口の中に金属を入れたくない
  • 歯ぎしりの癖がある
  • 今、お口の中に入れているクラウン(かぶせもの)に満足していない。

白く丈夫でお手頃価格
ZENOSTER CROWN
ゼノスタークラウン
があなたの希望を叶えます!!

before after

ゼノスタークラウンに新しい色が増えました

人気のゼノスタークラウンですが、基本的な色の種類が4種類から2種類増えて
6種類になりました!

ゼノスター単体はPure・Light・Medium・Intenseの4色でした。

LightとMediumの間にSun
MediumとIntense の間にs-chromaが新しくラインアップしました。

色の種類が増え、より歯の色に合わせやすくなりました。

 


 

丈夫で体にやさしいかぶせ物 ~ゼノスタークラウン~ってなに!?

現在の歯科では、金属を使用した治療が主流となっています。その主なものが保険治療で、使用される金属は経済的な面からシルバー色で値段が安い金属です。

それに対して自費診療で使われている金属と比べ高価ですが、歯科用の金属の中でも生体親和性が良い金(ゴールド)やプラチナが多く入って、なおかつお口の中に入れても目立ちづらいゴールド色の金属です。しかし両方の金属には共通の欠点が2つあります。

①金属の中に含まれている金属イオンによって、金属アレルギーを引き起こす患者さんも少なくないということ。
②金属は価値があることから投資の材料であるため、価格が左右されやすく、安定した価格で提供できないということ。

これらの事実を多くの患者さんが知りません。特に金属アレルギーに関しては多くの場合、ニッケル・クロム・コバルトですが、もちろん金で発症する患者さんも
います。

生体親和性が良く、供給する価格が安定している「ジルコニア」に着目しました。「ジルコニア」のその他の特徴として銀色よりも金色よりも口の中で目立たない白色。

また、歯科の白い材料の中で一番強度がある。
これらのことからゼノスタークラウンは生まれました。

ゼノスター単体(Pure・Light・Medium・Intense)

ゼノスター単体(Pure・Light・Medium・Intense)の症例は
以下をご覧ください。

Pureを用いた症例

しっかりホワイトニングなどをして、かなり色が白い歯の方におすすめです。

Lightを用いた症例

標準より白めの歯の色の方におすすめです。

Mediumを用いた症例

平均的な歯の色の方におすすめです。

Intenseを用いた症例

少し着色がある方におすすめです。

ゼノスタークラウン CASE1

下の歯にインプラント後にゼノスタークラウンのLightを用いて、後日上の歯には色付けしたゼノスタークラウンを用いた症例です。

ゼノスタークラウン CASE2

色付けしたゼノスタークラウンを用いた症例です。

ゼノスタークラウン CASE3

ゼノスタークラウンの表面に陶材を盛り付けた症例です。
前の2本の表面部分に陶器が付いています。
奥歯は丈夫なゼノスタークラウンでできており、破折の心配がありません。

ゼノスタークラウン CASE3 

Mediumインレーの症例です。








   ◆ミディアム ↓             ◆インテンス ↓ 

before after
ゼノスタークラウンの料金について

◆ゼノスター単体(Pure・Light・Medium・Intense)を
使用して作製した場合


規定の色ではなく色づけをして、オーダオメイドカラーをご希望の場合は色付け費用が必要です。

歯の中に入れてもかぶせをしても 1本 6万円
インプラントにかぶせる時には   1本 7.5万円

※当院ではジルコニアの内部にまで色を染み込ませる方法で色付けしておりますので、
将来的にも色が変色する心配はありません。

◆右下の写真のように、色付けしない真っ白なものの場合。
※奥歯などに適しています

50,000円(1本) 

※歯の中に入れる場合もかぶせをする場合も

70,000円(1本)

※インプラントにかぶせる場合

真っ白では困る場合は色付け費用が加わります。

60,000円(1本)

※歯の中に入れる場合もかぶせをする場合も

75,000円(1本)

※インプラントにかぶせる場合

ただし、色は今までの陶材を盛り上げたものと比べて調整が困難です。
そのために奥歯で細かい色具合を気にしない方に向いていると思います。
それでも、強度はとても信頼できるのです。そして強度があるために、
色を付けるために今までは多めに歯を削る必要がありましたが、その
必要もなくなりました。つまり、歯にも優しい素材と言えます。

※料金は全て税込表記となっております。

前歯や見た目が気になる場所には・・・

ゼノスターにも、もちろん陶材を盛る事ができます。
中に金属を使用しないために、歯肉との境目が黒くなったり、歯肉全体が暗い色になることはありません。
今までのジルコニアと同じです。

しかも、上に盛る陶材が割れにくいように形を自由に設計できるためより強度も出せます。
そして、価格ですが、これまでのジルコニアが1本13万円に比較してかなり安く提供することになりました。 
   
☆1年間はキャンペーン価格!! 1本 85,000円!!(税込)
 

これは、当院のメタルボンド(金属に陶材を盛った物)と同じ値段です。

ただし、ブリッジとして奥の歯をゼノスターで連結したものに限らせて頂きます。
当院が8年間保証するのに安心できるために設定した破格の割引価格になっております。

ゼノもっと教えてゼノスタークラウン

ジルコニアは酸化ジルコニウム(ZrO2)のことで、金属のジルコニウム(Zr)が酸化した白い粉末状のセラミックです。

耐熱性や生体親和性などを持つことから近年注目されている材料ですが身近なところではよく見かける白いセラミック製の包丁などが挙げられます。 

また、あまり知られていませんが、スペースシャトルの外壁(耐熱性)や人工関節(生体親和性)などにも使用されています。高い耐久性が求められる過酷な条件下で使われており、鉄などの金属よりも硬く、世界で一番硬い鉱物である天然ダイヤモンドに次ぐモース硬度(※)があります 。

ジルコニアには、象が踏んでも壊れない強さと、曲げに強いしなやかさがあります。 また、大きな力が加わっても、結晶構造を変化させて破損を防ぐ靱性(粘り強さ)があります。そして、従来のオールセラミック(60~80MP)と比較して10倍以上の硬さ(900~1,200MP)があります。

ゼノスタークラウンを入れるメリットとは?

体に優しく、白くて、丈夫な素材を、安価でお口の中に入れられる!
メリット1体に優しい素材

金属と違いアレルギーがほとんどないので生体親和性の良い物質です。長年、人工関節で使われるほど実績があります。

メリット2強度のある素材

噛む力が強い奥歯にも使え、また歯ぎしり癖がある方やスポーツ中に歯を食い縛る癖のある方にもご使用頂けます。

Step3白い素材

ジルコニア自体が白いので金属とは違い、おもいっきり口を開けて笑うことができます。

~ 安価の秘密・・・~

素材が金属ではなくジルコニアだから安くできるんです!

ゼノスタークラウンの特徴
ジルコニア
  • 硬く丈夫な素材
  • 変色がない素材
  • 口腔内で腐食しない素材
  • 金属と比較して軽い素材
  • 光が透過する審美材料
  • 金属アレルギーが起こらない生体材料
ZENOSTARと他の修復物との比較
  チッピング アレルギー マージンの黒ずみ 色調 プラークの付着 対合歯への影響 クラウン自体の摩耗 価格
GOLD FCK × ×
メタルボンド × × × ×
ジルコニアクラウン × ×
硬質レジン × × × × ×
保険パラ FCK × × × ×
保険パラ 硬質レジン × × × × × ×
ZENOSTAR








※ ZENO STARは現状高さの制限有り (ディスクの厚み 最大25mm)

ゼノスタークラウンと修復物の曲げ強度
ゼノスタークラウンと修復物の曲げ強度
  • 左から順番に
    一般的なポーセレン ・ ジルコニアへの プレステクニック (IPS Zir press) ・ ハイブリッド レジン
    ニケイ酸リチウム (IPS e.max) ・ アルミナ ・ ジルコニア
曲げ強度 1,200 Mpa
ビッカース硬度 最大1,300 HV
比重 > 6.0
組成 酸化ジルコニウム(ZrO2+HfO2) 94%
酸化イットリウム(Y2O3) 5%
酸化アルミニウム(Al2O3) < 1%
その他 < 1%

専用着色液ZENOSTER Color Zr によりさらに審美的に

ゼノスターの着色液ZENOSTERColorZrが導入となりました。
これにより、従来よりもお一人お一人の歯の色に限りなく近い色の再現が可能となり従来よりも審美性の高いクラウン制作が可能となります。
ZENOSTERColorZrは、半焼結のジルコニアクラウンに基本となるVITAシェードを着色。
さらにモデファイアーでキャラクタライズしていくもので、筆塗りのためグラデーションを再現することもできます。

ゼノスタークラウン治療の流れ・治療例はこちらをCLICK