飯田歯科ブログ

2013年9月26日 木曜日

デジタルデンタルレントゲン

9月よりついに飯田歯科でもデンタルレントゲンをデジタル化しました。

パノラマはかなり前よりデジタルに変更しておりましたが、
デンタルレントゲンと呼ばれる口腔内に入れて撮影するレントゲンは従来のタイプでした。

今までも何度かデジタル化を検討しておりましたが、
大きかったり、固かったり、システム的に当院のパソコンシステムと相性が悪かったり・・
もちろん画像の精度の面でも満足いかなかったりでした。

スキャナーもかなりコンパクトになっており嬉しい。



大画面に拡大もできるので、患者様にも好評です。
また、レントゲンの照射量も少なくて済むので、もともと少ない被爆量ですが、
小さいに越したことはありません。

そして、これまでの現像液・定着液がなくなり、廃棄物もとても減らせてエコです。

コンピュータ関連の進歩はめざましいですね。
2・3年後にもっと良いものが開発されると悔しい思いをするかもしれませんが・・
きりがないので、今回思い切って購入しました!

モニターに大きなレントゲン写真が出ましたら、
おっ、これのことかと思って下さいね。

院長 飯田高久

投稿者 飯田歯科