飯田歯科ブログ

2013年6月22日 土曜日

イタリアでのインプラントワールドシンポジウム②

イタリアでのインプラントワールドシンポジウムの続きです。
歴史ある建物の中でのシンポジウム!

バルコニーも古い建物の良い雰囲気が・・



ここで、スウェーデン・マルチナインプラントを日本に導入した中島会長と増田先生と記念写真です。



ここに千人近くの人が集まり、いよいよシンポジウム開始です。



シンポジウムでは Niklaus P.Lang教授・ Daniele Botticelli教授のしっかりした基礎的研究を元にしたインプラント周囲の骨組織や軟組織の変化や状態を大変科学的に分析した内容もありました。
そして、Marcos Csonka先生を始め、インプラント治療を臨床的に考察してわかりやすく分類し紹介もしていただいた内容も多く聞けました。イタリアでは私も最近購入したマグネティック・マレットを使用した症例も多く大変参考になりました。日本ではまだあまり使用されていないので、日常的に使用されている現状や症例を多く見せていただいたのはとても勉強になりました。



上の写真はMarcos Csonka先生の講演の様子です。
さすがに、この時はマジメモード全開での講演でした。(笑)

今度7月に来日されて講演もあります。
私もこちらにも参加予定で楽しみにしております。

続きはまた後日にアップします。

大阪府堺市飯田歯科インプラントブログ 院長 飯田高久




投稿者 飯田歯科