飯田歯科ブログ

2013年4月25日 木曜日

SINTLIFE(シントライフ)

当院ではSINTLIFEを導入しております。
Finceramica社:イタリアの会社が開発したものです。 

450-600μmと600-900μmの2つの異なるサイズの顆粒からなるのですが、
体液または自家骨と接触して容易に骨材となります。
そして、Synthetic(=合成物質)のためにHIVやBSEのようなウイルスを含む危険性が無い安全な材料です。

また、注射用マグネシウム強化ハイドロキシアパタイトパテ
(Injectable Magnesium-Enriched  Hydroxyapatite Putty)も導入しています。
これはSINTLIFE顆粒にナノ粒子とリン酸緩衝生理食塩水を加えてペースト状にしたものです。
さらさらで骨の窪みに簡単にシリンジで注入するだけで骨に置換する優れた材料です。

こちらも平成25年3月10日に院長が中島先生と最新骨造成の講演があり、購入もできます。
(シンガポールで開催されます。もちろん会場内は日本語でOKです。)

投稿者 飯田歯科