飯田歯科ブログ

2013年4月 8日 月曜日

マグネティック・マレット

シンガポールで入手してきたマグネティック・マレットです。



先端は様々なパーツを取り付けることができます。


イタリアのMarco Csonka 先生がよく使われているインプラント用の器械なのです。
インプラントの埋入手術で一番多用されるのはドリルで穴をあける方法です。
硬い骨に対しては現在でもこの方法が最も良いのです。
ただし、柔らかい骨に対しては細い器具より初めて順番に太い器具を挿入しながら
穴を大きくしていく方法も良く用いられます。

このような手術をする時に、これまではハンマーで叩くという方法しかありませんでした。
しかし、この叩く手技は力のコントロールが困難であり、良性の眩暈がおきることもあります。
そして、片手で抑えないといけませんので方向性をきちんと保つのが難しいという問題点がありました。

これらの問題点を解消するのがこのマグネティック・マレットです。

なんと、7月14,15日にイタリアよりMarco Csonka 先生が来日され講演もあります。
下のリンクより案内ページにリンクしておりますので、興味のある方はご覧ください。
SGIC研修案内

Marco Csonka 先生はとても明るくそして楽しく・・
もちろんわかりやすく教えていただけるので私も大好きな先生です。
なかなか日本には来られないので興味のある先生は受講してみてください。




投稿者 飯田歯科