飯田歯科ブログ

2013年1月18日 金曜日

インプラント講習会

3月10日にシンガポールにていつもお世話になっている中島先生と
講演をさせていただくことになっております。

内容はスウェーデン・マルチナインプラントと
そのほか最新の骨移植材料(シントライフ・イージーグラフト)
そして移植骨を安定させる膜としてエピ・ガイド、コラ・ガイド、チタンメッシュなど

S.G.I.C.ホームページにて案内が出ておりますので、
ご興味のある方はアクセスしてください。

スウェーデン・マルチナインプラントは最新のプラットフォームスイッチングを使用したインプラント周囲の骨が吸収しにくくした構造です。表面性状はジルコニアでサンドブラストされエッチング処理された骨とくっつきやすい構造です。

初期固定はノーベルよりも強く50N以上でることも多いですし、
その上で、骨とのくっつきやすさはストローマンと同等という優れたインプラントです。

他の材料もとても使いやすいので、これらについても後日案内いたします。

投稿者 飯田歯科